ドラゴン・ストラテジーFXと先行スパンロジックの最強コンビ !?

こんばんは、takuです。

昨日、ブログを始めて約3週間、初めてコメントを頂きました。とても嬉しかったです。

その方が『ドラストやブラスト、4DFXを買ったけどダメ』とおっしゃっています。これは結局、騙しが多い、ということに尽きると思います。

この3つの中でドラストだけ所有しています。他の2つに関しては憶測以外何も言えませんので、今日はこのドラストについて書いてみたいと思います。

◉ドラストとは、、

「ドラゴン・ストラテジーFX」のことで「ドラスト」や「ドラストFX」と呼ばれています。

これを僕の先行スパンロジック(ページ下にリンク付けてあります)と組み合わせ、騙しを軽減出来るかどうか検証してみたいと思います。

ドラストFXは、トレンドフォロー型の手法で、押しや戻りを狙うやり方です。

大きなトレンドの初期段階で入ってポジションを握りしめていれば、大きく取れますが、逆にレンジに弱い仕様なので無駄なサインで疲労しやすいと言えます。

僕がこのドラストFXを買ったのはたぶん2年くらい前かな、いまだ販売され続けている、ロングセラー商品です。販売ページの煽りがスゴ〜イ!、、のが特徴です。。

ドラゴン・ストラテジーFXの販売ページはこちらです

ここの成績は正直言って“厚化粧”です。こんなに楽に儲かれば、僕は今ここにはいません。リゾート地でノンビリ暮らしてますよ(笑)

今日はチャート例を2つ掲げますが、普通はこういう相場が一番現実的に出会う相場で、そうそう簡単には儲けさせてくれません。運を味方につけた上手い人は別でしょうけど、、まあ、そういう人はそもそも商材要らずですね。

◉検証開始、、

以下はドラストFXと先行スパンロジックを組み合わせたチャートです。

なお、ドラストFXは5分足専用ですので、先行スパンロジックの方のパラメータを5分用に変えて、設定する必要があります。3本のMAの表示移動の数値を全て3倍にします。

(ドラスト特有の平均足、雲やメーターは外し、サインの出るインジケータのみ入れてあります。)


昨日、6月20日(水)のドル円チャートです。まず、昼間の動きは全てスパンの内側に入ってます。スパンに囲まれて値動きが止まっているとも言えますので、全てのサインは無視でOKです。

夜の買いサインは微妙というか、結果的に少しは獲れているはずですが、大矢印が上かと思えば下、いや上じゃん、とコロコロ変わっていますから入るか悩むところです。

下は一昨日、6月19日(火)の同じくドル円チャートです。


ブレイク直前にドラストは大矢印の売りサインを出しました。その後、相場はその通り一気に下落しましたが、小矢印の売りサインの出現、つまり戻りを待っている間に、もう美味しい所がなくなってしまいました。結局、この売りサインに乗っていたら、損切りでした。「頭とシッポはくれてやれ」どころか シッポの先までもっていかれましたね。よく伸びる相場であれば、こういう場所は戻り売りの良いチャンスなのですが、、。

その後の青く囲った所の売りサインはもう既に下値を切り上げていますし、容易に入れないと判断出来ます。

◉サインを待つのも大事だけれど、、

結果論ですが、最初の大矢印が出て先行スパンを全てブレイクした時、勢いが強いので、小サインを待たずに、勢いに乗って、売りエントリしたほうが良い場面でした。この先行スパンは4時間足の遅行スパン抜け(これを先行させて表示しています)を含む大きな転換点ですので信頼度は高いです。

いかがでしたか?狭いレンジでのサイン回避には先行スパンロジックはかなり有効です。ドラストの細かいサインの取捨選択の強い味方になってくれると思います。

これからも、ドラストの記事書きたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
7月1日(日)23時59分までの期間限定特典付
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼シークレット特典
『【非売品PDF】MAX16連勝実績!
 勝率9割超えのレンジ往復利確テクニック(解説PDF)』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

期間限定ですが、上記のシークレット特典が付きます。

ドラゴン・ストラテジーFX

先行スパンロジックについては下記の2つの記事を参照ください。

fx.taku3.info

fx.taku3.info

フォローする