1秒スキャルFX お勧めします!!インジケータがGoodです。

『当サイト経由で購入の方へ特製インジケータ差し上げます。ページ一番下のリンクから!』

こんにちは、takuです。

今日は最近の一押しの商材について書きます。

「1秒スキャルFX」です。

詳細はここであれこれ説明するより、まずは1秒スキャルFX、販売ページを一度ご覧になった方が早いと思います。

但し、鵜呑みにせず、きらびやかな言葉や、スゴイ金額やら、そういうものは心の隅にしまって冷静に考え、本当に自分に必要なのか、一旦販売ページを離れて考えてみてくださいね。

さてここでは「1秒スキャルFX」がどんな商材なのかのお話を進めていきますが、内容は「1秒スキャルFX」の主要なインジケータの特徴についてのもになっています。

たぶんみなさんが一番知りたい手法を知る上での手掛かりとなるものが、このインジケータではないかと思うからです。


◎Max Judgmentインジケータ

僕がこの「1秒スキャルFX」を初めて知った時、一番興味を惹かれたのが、この商材に含まれているMax Judgmentというインジケータでした。正直、これだけが欲しかったのです。

(上チャート図では左上のリストのような部分です)

通貨間の強弱を知るためのもので、最強の通貨と最弱の通貨を容易に見つけることが出来ます。似たような機能を持つフリーのインジケータはありますが、使いにくかったのです。ところが、このインジケータは見やすくて、分かり易い、今まで見たことがないタイプのものでした。でも、これの為に3万弱出すのか、、と考えましたが、手法的に好きな5分足のトレンドフォローだし、まあいいか、自分に甘いです、、結局は買ってしまいました。

さて、使い勝手は良いです。

最強の通貨と最弱の通貨のペアはトレンドが出ている可能性が高いので、トレンドフォローワー必携です。

でも、もちろん聖杯ではありません。あくまでも、その時点での最強のペアを探す事は本当に容易ですが、そのトレンドがそこから更に伸びるのかは全く別の話です。

◎Max Average Candleインジケータ

商品名の「1秒スキャルFX」の” 1秒 “ とは、1秒あればこのMax Average Candleインジケータの平均足(smoothedと言われているタイプの平均足MAです)の色とローソク足の色が同じなのかを判断出来るという意味です。⬇︎の図では赤系色で一致してますので、この場面は買い場を探す場所であることが色で判断出来るということです。

(買いは赤系の色、売りは緑系の色)


実際はそれに従ってすぐに売買出来るほど、単純ではありませんが、パッと見たときの方向性がよく分かるというわけです。

このインジケータは既存の平均足MAの騙しを抑える為、改良がされているということで、会員サイトでかなり細かな説明がなされています。講師のマックス岩本さんという方は非常に話し方が丁寧で説明も分かりやすく好感が持てます。たぶん女性ファンはかなりいるのではないか、と邪推しております笑

◎Max Single Bollinger

ボリンジャーバンド(Bollinger Bands)はご存知かと思いますが、これはそのボリンジャーバンドの特性をよく掴んだ正統的な順張りの使い方を示してくれます。名の示す通り、2本あるうちの片方だけのバンドを描画します。描画されるラインは騙しの少ない滑らかなラインになっています。

一見、パラボリックというインジケータに似ている感じがしなくもありません。

自分は、Bollinger Bandsの使い方は逆張り的発想でしか使ったことがありませんので、目からウロコ的でありました。


左右の緑枠部分を見比べると、Single Bollingerの方が滑らかです。片方のみのバンドを表示することで、右図の矢印部分のように、トレンドが出たな!っと視覚的にも判断し易くなります。

まさに、右のSingle Bollongerの方は順張りに特化したインジケータと言えます。

ざっと、3つのインジケータを中心ご紹介しましたが、いかかでしたか?

今回取り上げませんでしたがこれ以外にも、あと2本のインジケータが同梱されています。

僕がこの1秒スキャルFXを購入したのが、確か4月下旬で、もう2ヶ月程使っていますが、通貨ペアの選定は劇的に楽になり、トレンドの方向を掴むのが以前に比べて上手くなりました。

◎使い勝手を良くする為に、、

とはいえ、不満がありました。何しろ、この商材の売りである Max Average Candleがどうも好きになれません。そもそも僕は『平均足』が好きではないのでした。

チャートを見て貰えば分かりますが、ローソク足にこのインジケータが掛かると、特にローソク足のヒゲ部が判別し辛くなります。それにチャートに虫が這ってるみたいで、、うーん使い難い、邪魔だなーと思っていました。

そこで考えついたことがあります。

このMax Average Candleを一本のラインにしたらどうだろうと。

そこでインジケータを自作してみました。それが下記の図です。


左がMax Average Candleで右が自作したインジケータ一で1本のラインにしたものです。『1Max Line』と命名しました。軌跡も色の変化もよく見てくださいね。同じになっているでしょう。

非常にスッキリしたチャートになったと思いませんか?1秒スキャルFXの” 1秒 “で判断するという『売り』は生きてますね。。

◎それでは物足りず、、

この「1秒スキャルFX」は5分足を使いますが、上位の時間足を見て大局を知ることも大事です。

出来れば1時間足や30分足のMax Average Candleを見たいと思いますが、チャートを幾つも立ち上げるのも面倒、いっそ、一つのチャート画面で見たい!

ということで、MTF(マルチタイムフレーム)化したものが下図です。

『1Max  MTFLines』


5分足チャートですが、それぞれ15分、30分、1時間足にセットしたMax Average Candleと同じ軌跡を描画します。また例えば、一時間のラインは要らないから表示しない等の表示選択も可能です。(ラインは2色でなく単色になります。)

以上、ざっとですが、解説をひとまず終わりにしたいと思います。

あとは、日々ブログの更新の際に、この「1秒スキャルFX」を随時取り上げていきたいと思います。

________________

『下記のリンク経由で購入された方へ

上で解説しました管理人特製のインジケータを2つともプレゼントします。』

◎カード決済のうち、JCBまたはAMEXの方はこちら、、

【JCB/AMEX】1秒スキャルFX

 

 ◎それ以外のカードや銀行振り込み等のかたはこちら、、

 1秒スキャルFX

 

特製インジケータは当サイトからのみの配布です。上記2つ以外のリンクでご購入されても特典はつきません。

以上、よろしくお願いいたします。

taku….

フォローする