1秒スキャルFX 、昨晩のポンドドルの結果は??

こんにちは、takuです。

「1秒スキャルFX」を使っての昨晩のポンドドルを検証してみます。

⬇︎昨日、詳しく1秒スキャルFXのインジケータ等の記事を書きましたのでご参照ください。

fx.taku3.info

さて、

下記は昨晩の5分足の「1秒スキャルFX」のポンドドルチャートです。

きっちり取れるお手本のような下落のトレンドです。

まず、左上のMax Judgementを見ると、ポンドが弱く(右の○印)ドルが強い(左の○印)のが目立ちます。実際、ポンドドルのチャートを開くと、ポンドを売ってドルを買う、つまり、ポンドドルの売りで、良いトレンドが出そうな状況でした。

(下記チャートのMax Judgementは緑色矢印のエントリ当時のものではなく、チャート右端表示時点のものです。)

2箇所がエントリの候補です。

根拠は、Max Average Candleとローソク足の色が一致、Max Single Bollongerが売りを示唆、ローソク足がMax Average Candleより下に位置している等のいくつもの根拠があります。


更に僕は、自分の15分足の先行スパンロジックでも、売りサインを確認しています。白い○印のところです。4つあるルールの全てを満たしています。もう売るしかない!という場面ですね。
先行スパンロジックにつきましては下記記事をご参照ください。

fx.taku3.info

で、決済はMax Average Candleが反転して色が変わったところになります。

ちょっと色が変わったのが見辛いですが、、。

実際、僕は気がつくのが遅れて2つ目の矢印が出てから、少し戻りが入った辺りで入りました。もう9時近くなってました。でも、ほぼこの決済ポイントで20pipsプラスで決済をしました。丁度寝るのに都合のいい時間に決済出来ました。

最初の矢印の所で入っていれば、50pips獲れていました。

このチャートは寝る前にキャプチャしたものですが、実際は更に下に伸びていきました。

朝起きて、ちょっと悔しい気が、、、まあ先のことは分からないですからね。

次回は、ドラストFXとこの1秒スキャルFX を組み合わせたらどうなるか、を検証してみたいと思います。お楽しみに、、、。。

________________

『下記のリンク経由で「1秒スキャルFX」を購入された方へ

昨日記事でご紹介しました管理人特製のインジケータを2つプレゼントします。』

◎カード決済のうち、JCBまたはAMEXの方はこちら、、

【JCB/AMEX】1秒スキャルFX

 

 ◎それ以外のカードや銀行振り込み等のかたはこちら、、

 1秒スキャルFX

 

 特製インジケータは当サイトからのみの配布です。

以上、よろしくお願いいたします。

taku….

フォローする